私が「発達障害」だと診断されたときの気持ち

大人の発達障害

こんにちは、ビザうさ🐰です。

自分的に子供のころから「まわりと何か違う」を感じていたのと家族に発達障害がいるので、私も少しはあるだろうな~と思っていたのだけど発達障害専門医で診察を受けたら、まんまと「発達障害」でした。今日はその時の気持ちを語ってみようと思います。

[ad01]
スポンサーリンク

私が「発達障害」だと診断されたときの気持ち

結論から申し上げますと、ショックでしたね。

もちろん、(だろうな)とは思っていたので覚悟はしていましたけど、実際に診断されるとやっぱりそうか!という「安心」と言う気持ちと「まじっすか?嫌だ」なんて反抗する気持ちがありました。

でも結果的には良かったと思っています。これまで普通の人の達の中で一生懸命合わせようと生きて来た自分が可愛くも思えました。

今回診断をしたメンタルクリニックは発達障害専門医のいる病院での診断結果でした。が、

ただ、一つ気になることは前々から通っていた精神科で発達障害検査、知能検査やワイズとか受けているのですがテストはすべて「定型発達(一般の人)」だったことです

疑いやすい私は、誤診なんじゃないか?と思ったので発達障害専門医の先生に「ワイズとか受けてるのですが診断されたことがないのですが」と突っ込んできいてみたんです。

するとこんな答えが返ってきました。

発達障害検査で、診断されない人達の原因

私のように発達障害の検査を受けていても、発達障害と診断されない人の原因の1つに「女性である」ことがあるそうです。

特に私は発達障害の3つのグループの中でもアスペルガー(今はすべてASDとひとくくりにされていますが・・・)だったため、発見モレを起こしているとのことでした。なんでもあの検査はアスペルガーは男性の患者人口が多かったため、男性向けに作られていることが分かりました。

そのため女性が受けても発見されない、もしくは診断が遅れてしまうようです。

◆先生の話と自分の意見をまとめると、こうなりました↓

①そもそも発達障害の検査は万能ではない。判断はどれだけ発達障害について熟知している医者かどうかにゆだねられる。

②発達障害と2次障害を別と考えている精神科の場合、2次障害の疾患をどうにかしてあげようと思うため、どうしても見落とされる「見えない部分」にされてしまう。

女性のアスペルガーの発見が遅れる理由

◆原因
①女性のアスペルガーは、社会に順応するスキルを無意識に身に着け、つらいながらも過ごしていける能力があるため、ASD の状態が表に出にくいため発見されにくい。

②ADHDは多動性で忘れ物などが多くあり、回りが気が付くけど、アスペルガーは忘れものをしたりしない。どちらかというとしっかり者であるため、発見されにくい。

③そもそもおとなしい性格の人が多く、発見されにくい。

が、あげられます。

スポンサーリンク

女性のアスペルガーは自律神経失調症になりやすい

表に目立った症状がないため、周りに気が疲れにくいけれども共通していることが分かりました。

それは健康で特に病気もないのにいつも「体調」が悪いことです。

腹痛や頭痛といった体の不調を出すことは多いようです。

実は私まさに10代20代、これでした。まず生まれたときからアレルギー体質だったことで回りよりも皮膚や食べ物に気を付ける毎日でした。なのでその後で頻繁に起きる腹痛もアレルギーの一種くらいに思っていました。何年も放置していたら今度は病院で初めて「過敏性腸症候群」と診断されました。

あの時代はまだ世の中に「発達障害」を取り上げる病院もなく、ただお腹の薬をだされて終わりました。その後に起きたのは過呼吸のパニック障害でした。毎日下痢と過呼吸の恐怖と家庭内のDVの中で過ごしていて、今思うとすごい子供時代だったと思います。

で、その後、解離性障害になり、統合失調症の診断を受けて、今はアスペルガー診断に辿り着いたというところです。

ちょっと私のリアルを話過ぎて恥ずかしいですが、みなさんの参考になると嬉しいです。

ASDと分かった上での今後の私の取り組み

無理しない生き方をしていこうと思いました✨

これまで努力しても周りに誤解されたり、がんばってもみんなと同じよう事ができなくて自分自身を責めて自己肯定感をさげていたところがあるので、次回働くときは発達障害者向けの仕事に付こうと考えています。就職後もケアがあるようなので安心かなぁと。

こういってるとASDは何も出来ないと思われがちだけど、私は知ってるよ。私自身で感じていることは、みんなに出来ないことが簡単にできてしまうことがいくつもあること。例えば孤独に強いから一人で誰にも相談しないで業務をこなして成果や結果を出せることとか、同じことを繰り返すのが得意なのえ飽きずにすっと続けられることなど、勉強に関しても通常の人の集中力が2時間だと言われている中、私は何時間でも勉強していられたり、会社だと作業できてしまう。

これは専門スタッフの力を借りて才能を生かすしかないなっておもっているところです。

次に私が働くなら、発達障害専門のトレーナがいるこちらでお世話になろうと思っています。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

#発達障害の特徴

この記事を書いた人
ビザうさ

機能不全家族育ちとASDでメンタル面で足を引っ張られることが多い中、なんとか大人になってから通信制短期大学入学&卒業をして現、英語系の通信制大学に在籍しています。

英語レベルはbe動詞すら分からなかったけど、英検5級から準2級までいっきに合格し、スピーキングも独学である程度いったけど、ある時期から全く伸びない。むしろ大学の難しい英語をすればするほど簡単な英語も話せなくなってくる不思議空間を体感中。

保有資格📚 秘書検定2級、英検準2級、簿記検定3級、MOS(Excel,Word,PPT)すべて一発95点オーバーで合格。

卒業後は、もう一度海外で暮らす。

ビザうさをフォローする
大人の発達障害
スポンサーリンク
ビザうさをフォローする
大人の発達障害持ちが通信制大学(英文科)と英会話に挑戦中!