長時間勉強の学生、在宅ワーカーにおすすめしたい椅子と机

学生におすすめなグッツ

現代人が仕事や勉強をするうえで欠かせない道具といえば、パソコン。

気が付けば一日中パソコンの前で過ごしていた!ってことはありませんか?

実はこれ、かなり「肩」「腰」「眼精疲労」、さらにはマウス持ち好きすぎの「マウスクリック腱鞘炎」「40肩・50肩」などなどに発展するほどに、体に負担がかかっているんです。

合わせて現代人は運動不足だとも言われています。

定期的な運動、されていますでしょうか?

私は一応、週に1、2回は1時間程度の運動をしているのですが、長時間作業のほうがはるかに長いせいか、

気が付いたら、腰痛持ちになっていました。(;O;)


始めは気のせいだとおもっていたけど、あきらかに座っているだけで「吐き気」がするし、腰が痛いので気のせいではないんだと認識しました。

何よりも腰痛や肩こりが悪化してくると、だるさや痛みが気になって作業効率が下がるんですよね。

何よりも勿体なくないですか?やる気があるのに体の不具合で集中力が奪われるってさ。

私は許せなくて、解消すべくいくつもの椅子を買い変えまくっていた時期がありました。

そして、とうとう最高な机と椅子に出会ったんです。

安すぎず、べらぼうに高すぎず、なおかつ腰痛を解決してくれる妥当な机と椅子に!

今日はそんな机と椅子のお話をしていきます!

[ad01]
スポンサーリンク

長時間勉強の学生、在宅ワーカーにおすすめしたい椅子と机

結論人間工学に基づいて作られた椅子や机は良いです。

デザイン重視で作られた椅子や机よりも、断然座り心地が良いです。

なので疲れにくいです。

その中でも断然買って良かった机と椅子を私目線すけど、紹介します!

まずは長時間勉強の学生、在宅ワーカーにおすすめな机(デスク)

机は最適でも120㎝サイズ、昇降できるデスクがおすすめです。

そもそも、腰痛の原因は、主に同じ姿勢での座りっぱなしだと言われています。

要するに、「座りっぱなしをやめればいいわけだ」と気が付いた私、立ったり座ったりが出来る「昇降デスク」に買い替えたところ、長時間作業で疲れにくくなりました。

個人的におすすめなサイズはパソコンを置いて、尚且つ勉強道具(ノートや資料、筆記用具)を手前や横に置けるサイズの最低でも120㎝の長さがあるものが良いです。

と、いうもの以前90㎝幅のものを使っていたことがあるのですが、パソコンだけしか置けずに学生の私としてはノート類が置けなくて不便でした。

その後120㎝の机を買い替えて、その上に卓上昇降デスクを置いて使っていましたが、じゃまになり右側の120㎝昇降デスクに買い替えました。

もうね、はじめからこれ買っとけばよかったです。↓

次は長時間勉強の学生、在宅ワーカーにおすすめな椅子(チェア)

椅子は10個以上椅子を買い替えた結果、「DUORESTチェア」が良かったです

DUORESTチェアーを説明すると、腰痛の方のために考えて作られた設計が特徴です。

人気の「体重分散型チェアー」で人間工学に基づいて作られています。

代表的な仕組みは、着席時に腰にかかる負担を最大30%も軽減する仕組みです。

インビザうさ美さん
インビザうさ美さん

ということで早速、ニトリでDUORESTを買ってきました。
が、女性の私には海外サイズのDUORESTは大きすぎて

体に合ってませんでした( ;∀;)。座っていて疲れる・・・。;つД`)

そうなんです。

海外サイズのDUORESUTは日本人の私、とくに女性の私やみなさんには大きいと感じると思います。

なので、女性サイズを買うことをおすすめします。

私は勿体なかったけど、日々毎日、大学の宿題や英語の勉強、ましてやこのブログを書くことなどありとあらゆることが椅子に座って生活をしているため、短い期間でDUORESTを2個買いました。

それが、以下です。↓

写真左、ニトリで買った男女兼用サイズのもの。

写真右、楽天で購入した女性サイズのもの。

絶対的に違うことは、女性用の椅子は座った時に座面がちゃんと背中と腿の裏側がフィットしてることです。黒色の椅子だと、座った時に座面の奥行も横幅もありすぎて もたれられなかったんです。

なので、黒椅子の場合、ほとんど前のほう腰かけてる状態でDUORESUTチェアーの特徴でもある背中の二枚羽根が体重分散をしてくれるのだけど、まったくもって使えていませんでした。

写真右の女性用は、きちんと背中に背もたれが届くので安定して座ることが出来ます。

ちなみに私の身長は160㎝です。

男性なら黒でもちょうど良いサイズだと思います。


机はこちらを購入しました。↓

昇降デスクはそれなりに重さが出ます。

そこでこの机はキャスターが付いているので、掃除時や移動も簡単に動くのでらくなんです。

楽天のこの広告内で移動の様子が分かる動画が貼られているので、気になる方は確認してみてください。

イメージできると思います↓

スポンサーリンク

クリックしすぎで手首が痛い人におすすめしたい手首マット!

パソコン作業で「肩や腰」が痛くなることに自覚している方も多くいると思いますが、忘れてはならないことが『手首』です。実は手首に相当にストレスがかかっています。

パソコン作業って、考えてみるとわかるのですがかなりの時間同じ場所に手をおいてキーボードをたたいていたり、同じ場所でクリックを繰り返していますよね?

腱鞘炎にさせないためにも、手首軽減マットなどを使って手首を守りましょう。

あれこれ買い替えた私が最終的に一番良かったものは、この白いクッションマットです↓

実はパソコン専用のものではないのですけど、厚みがちょうど良いのです。

(画像赤い矢印の先に置いてある白マットです。↓)

これ、もともとは2mも長さがある「セーフティロールクッション」なんです。

要するに、介護施設で角などにぶつかってお年寄りがけがをしない為につけるロールクッションです。

または小さなお子さんの怪我防止としても、使われているようです。

私は独断で「手首クッション」として使ってみたのだけど、厚みがちょうど良かったです

しかも、好きな長さにチョキチョキ切って使えるので、便利なんです。

お値段も600円くらいとお安いです。↓

気になっている腱鞘炎対策マウス

その他に今気になっているものは、腱鞘炎対策マウスです。

これは腱鞘炎になりにくくするために、作られたマウスで通常の形よりもユニークな形になっています。

腱鞘炎ケアをしたい方なら、「エスカルゴマウス」が良いです。

通常のマウスだと手首を常にひねっている姿勢でクリックを繰り返しているらしく、腱鞘炎にむしろなりやすい体制だというのです。

でも、このエスカルゴ形マウスなら、手首を正しい位置に置いて操作が出来る仕組みになっています。↓

「女性向け」あなどれないフットレスト

女性や小柄男性さんにありがちなのことは、椅子に腰かけたときの椅子と床の着地点。

椅子と机のサイズがその人に合っていないと体が安定しないために、疲れやすくなったり作業に集中できなくなったりします。

とくに多くの机やいすは輸入物が多く、欧米サイズになっていることが多く、小柄な日本人はどうしても、足が床から浮いてしまうことが多くなります。

んな方におすすめなのが「フットレスト」です。

フットレストと言っても、調べると形やデザインはさまざまあります。

個人的に数々の失敗を繰り返してきた私がおすすめするものは、ワイドタイプです。

理由はどこに座っても足が乗せやすいからです。

(※ただし、個人的主観なので参考までにお願いします)

買ったのは、こちらです↓

ワイドタイプ&高さが三段階に調節できる優れものです。

さらに足を置くところのメッシュのマットが取り外せて、洗えます!

冬限定 机下の足元ヒーター (暖🔥)あると良い

冬って足元冷えませんか?

冷えて集中力を切らすなんて、もったいないことです。

できれば、ぬくぬくあたたかく快適に作業したいですよね?

そこでおすすめなのが、風もでないので空気も汚さずに足だけ暖かくしてくれるもの、それはパネルヒーターです!

まじで良すぎたので2枚買いました。

1枚は机の下に置いて、もう一枚は背中や冷たい冷気が忍び込んでくる窓付近において使っています。

これがあると、部屋にある暖房を付けなくても割と暖かく過ごせるので電気代の節約にもなっています。なによりも部屋に設置されてる暖房って、上だけ暖かくて床って寒いままですよね?

個人的に部屋の上空よりも足もとを暖かくしてほしい私にとっては画期的な傑作でした。

このシリーズ、楽天でも大人気で年々とデザインのバリエも増えています。

私が去年に買ったときは3柄しかなかったのに、いつのまにか人気店になったらしく今では8種類くらいの柄から選べます。頼もしいです💗

あとだいたい、クーポンが配布されてるので定価よりも安く買えます!

特に楽天スーパーセール時が狙い目です。

最後に➡買ったけど失敗したもの

最後は、買ったけど失敗したもの、つまり使わなかったものも載せて終わりにしたいと思います。

🍓使わなくなったもの

サンワダイレクトのキーボードスライダー ↓


高さ調節が出来るタイプを購入したのですが、以前に使っていた私の机との相性が悪くて4回使っただけで処分してしまいました。

またパソコンと自分の目線が遠くなってしまうので、私はうまく使いこなせませんでした。

商品自体は良いものだと思います。

買うなら取り付けたときに、自分の机と取り付けたときのキーボードの高さ、自分の手の位置などを計算して購入すると良いです。↓

②バランスチェア ↓


木と布で出来たインテリア的にもおしゃれな感じのバランスチェアでした。

作用中に腰が伸ばせる姿勢で作業できる点が良かったです。

ですが、私が買った↓これは、安かったせいか耐久力があまりなく、あるときタイヤが「ガッコン」と外れ破損して処分することになりました。

もっと耐久性のあるバランスチェアだったら、もしかしたら今も使っていたかもです。

腰痛 背中用クッション ↓


座って作業している時に、背もたれと自分の背中の隙間を無くすために背中用クッションをいくつも買いました。

結局、立った瞬間に毎回「ころ~ん」と床に転がって拾うのがいちいちめんどくさくてタンスの肥やしになりました。

以下の椅子に設置できるタイプも買ってみたのだけど、体にフィットしなくてストレスになって、取ってしまいました。↓

MTGのスタイルの補正チェアー ↓


座り姿勢の骨盤を正しい位置で座らせてくれる補正チェアです。

悪くないけど、長時間すわっているとこの椅子が邪魔に感じてきて、使ったり使わなかったりを繰り返しているうちに使わなくなりました。

でも今思うと、処分しないで手元に残しておいても良かったかなぁ~と思うお品です。↓

気になっている椅子 ipole5

反対に、気になっている椅子があります。

もし、今の昇降デスク&DUORESTチェアが嫌になったら買おうとしてるものはipole5です。

7というサイズもあるのですが、調べてみると女性は5のほうがしっくりくるみたいです

(口コミ結果にて)

こちらの椅子の特徴はパソコンに向かって作業するとき、人間は前かがみ姿勢になっているわけだけど、前に胸を支える板が取り付けられているため体重がここにのっかり、腰痛を軽減させるという仕組みらしいのです。

いつか使ってみたいなぁ。

🍓結論、椅子と机は大事です。

自己投資していいんじゃないかと思います。