前置詞 fromの意味と使い方

基礎英語
この記事は約2分で読めます。

英語の勉強をしていると、必ず目にする前置詞「from」。みんな知っているI’m from Japan.があるけど、そもそもfromの意味ってなに?「私に日本出身です」は分かるけど、他の英文についているfromになると分からなくなる。

そんなあなたに基本ベースのfromの使い方を教えます!

スポンサーリンク

前置詞 fromの意味と使い方

前置詞fromの基本意味は以下です。

出所や起点を示す場合

「from」は何かが始まる場所や出所を示すことがあります。

例えば、「I am from New York.」(私はニューヨーク出身です。)のように、人や物の出身地や出自を示すときに使います。

所属や関連性を示す場合

「from」はあるグループやカテゴリーに属することを示す場合にも使われます。

例えば、「I received a letter from my friend.」(私は友人から手紙を受け取りました。)のように、ある人や組織から何かを受け取るときに使います。

時間的な起点を示す場合

時点や期間の起点を示すときにも「from」が使われます。

例えば、「From Monday to Friday」(月曜日から金曜日まで)のように、期間の始まりを示すときに使います。

動作や移動の方向を示す場合

場所や地点から別の場所や地点に向かう方向を示すときにも「from」が使われます。

例えば、「He walked from the station to the park.」(彼は駅から公園まで歩いた。)のように、ある場所から別の場所に向かって移動するときに使います。

まずはベースとなるこの4つの意味を覚えておけば大丈夫!

ビザうさ 笑顔
ビザうさ 笑顔

自分が調べている英文がおそらくこの4つの中に当てはまるはず。

前置詞は英語で何という?

preposition [ˌprɛpəˈzɪʃən]

カタカナでいうと「プレポジション」

品詞を覚えると英語を話す上で手助けになるので、一緒に覚えておきましょう。

なんでかっていういうと、私は普段

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

で英作文の特訓をアクエス英会話のレッスンを通して、週3日受けているのだけど、必ず「品詞」の説明をされるんです。

この品詞って、結構大事で英語を話したり、構文理解をするうえで必要なんです。

実際に品詞の意味を理解してから、英語の意味が取りやすくもなりました。(体験談でした)

またお気軽に来てください。

この記事を書いた人
通大生ビザうさ

       ↑  ↑  ↑
(詳しい自己紹介は名前をクリックしてね)

大卒取得と再留学、英会話上級者を目指すブロガー。

30代で資格試験に挑戦し、簿記検定3級、秘書検定2級、MOS試験に合格。英語に興味を持ち、短期留学を経験後、英検5級から準2級まで取得。その後、大卒資格を目指し、40代で通信制短期大学に入学・卒業。現在は通信制大学英文科の学生です。

大人になってから英語の勉強や通信制大学に興味がある方に向けて、実践的なアドバイスや体験談を発信中!

通大生ビザうさをフォローする
基礎英語大人英語学び直し📚
スポンサーリンク
シェアする
通大生ビザうさをフォローする

コメント