「未来」を指すbe going to,willの違いと意味

基礎英語
この記事は約3分で読めます。

be going to~,will~の違いと意味を解説していきます!これらの意味は両方とも助動詞と助動詞扱いで「未来」を指す言葉ですが微妙なニュアンスの違いを分かりやすく、短めで書いていきます。

スポンサーリンク

「未来」を指すbe going to,willの違いと意味

結論から申し上げますと、

be going toは、計画が進行中であり、予定が確実に立っている時に使います。つまり、すでに用意が進んでいて、ほぼ確実にその未来の「やる事」に向かって予定が進んでいる途中(計画が進行中)を指します。

例:「I am going to have a party tomorrow」

(私は明日パーティーを開く予定/つもりです)

ビザうさ 笑顔
ビザうさ 笑顔

DeepLなどで翻訳すると「I am going to have a party tomorrow」「I will have a party tomorrow」両方とも和訳では(私は明日パーティーを開きます)と同じ意味で出てくるけど、実際には違うニュアンスがあることを意識しましょう。

willは、単純に将来/未来の出来事を指しており、計画がすでに進行中であるかどうかは分からないけど、将来的に未来に「やる事」への意志や計画があることを指します。

確実性は100%ではないけど、意志強く思って計画している、どちらかというと今「ひらめいた」今「決めた」という感覚になります。そのため「しないかも」しれないの可能性も秘めています。

例:「I will have a party tomorrow」(私は明日パーティーを開きます)

~まとめ~

be going toのほうが計画通りに進んでいて確実性を強調した文です。

willは意志を感じるけど、進行状況は不明確という感覚になります。しかしmight,mayのような弱い気持ちとは違います。

be going to,willの品詞と使い方

be going toの品詞→助動詞扱い
使い方→主語+be going to +動詞原形

willの品詞→助動詞
使い方→主語+will+動詞原形

be going to,willの例文

  1. Be Going To:
    • I am going to visit my grandparents next weekend.
      (来週末、祖父母を訪ねるつもりです/(予定になっている)。)
    • She is going to start a new job in the city.
      (彼女は都市で新しい仕事を始めるつもりです/(予定になっている)。)
  2. Will:
    • I will finish my homework before dinner.
      (夕食前に宿題を終えます。)
    • They will meet us at the park at 3 o’clock.
      (彼らは3時に公園で私たちに会います。)

これらの文では、「be going to」は将来の計画や予定、そして「will」は将来に行われる意志や予測を表しています。

この記事を書いた人
通大生ビザうさ

       ↑  ↑  ↑
(詳しい自己紹介は名前をクリックしてね)

大卒資格と再留学と話すための英語を目指すサイトの管理人です。

30代で資格試験に目覚めて簿記検定3級、秘書検定2級、MOS試験に合格した後、英語に興味を持ち短期留学に行ったあと英検5級~準2級まで取り、大卒資格も欲しくなり、40代で通信制短期大学入学→卒業を経て、現在は通信制大学英文科の学生です。

大人になって英語の勉強や通信制大学に興味がある人に向けて発信中!

通大生ビザうさをフォローする
基礎英語英語学習📚
スポンサーリンク
シェアする
通大生ビザうさをフォローする
通信大生ビザうさの英語ペラペラの道🎀

コメント