通信制大学英文科が辛くて退学しようと思ったけど、進級した今の心境(4年生になりました)

Study English

この10月で通信制大学の4年生になりました。

うちの大学が本当にブラックすぎて8月頃は、本気で退学を考えてましたけど、続けることにしました。

今日は相変わらずのブラック大学で耐え抜いていることと(まじ辛い)、通信制大学英文科での勉強内容なんかを大まかですが話して行こうと思います。

[ad01]
スポンサーリンク

通信制大学英文科が辛くて退学しようと思ったけど、進級した今の心境(4年生になりました)

結論から言うと、3年生の入学したては「やばい大学に入った」ことをすぐに気が付き、4年生になった今の私の心境は「英語嫌い」になりました。

まず先に話しておくと、私はASDのせいかわからないけど、もくもくと一人で勉強することは孤独感も感じないし、やり始めたことを簡単に放り投げることは性質上気持ち悪くて、ゴールに向かって黙々と進める力があります。

だけど、環境が悪いと精神的に追い詰められて、うつ状態になりやすい特徴があります。で、今回のこの大学はこの環境がとても悪くて、私の得意である「一人でもくもくと勉強する」ということの妨げになる頻度が多くて、嫌いになりました。(人間、自分の自信あることを阻害されるとそれが嫌いになるものです)

もうね、この大学に入って後悔してますって言いきれる

では、なんで進級をしたかというと、退学を考えた時期はすでに3年生が終わるころだったから。

実際に他の大学に入り直すころを考えて調べたんですね。そしたら4年生編入できるとことはないに等しくて別大学に入りなおした場合、またいちから3年生からのスタートになることを知り、じっくり考えた結果、今の大学で4年生になることを選びました。

スポンサーリンク

これから通信制大学で英語を学びたいと思っている人は、うちの大学おすすめです。(卒業できないけどね)

これから英語を通信制大学で学びたいと思っている人には、うちの大学はおすすめです。

ただ、卒業が出来ないというリスク付きですが・・・。

まず他の通信制大学で英語を学ぶとなると、選べる大学が極端に少なくなります。調べると分かるとおもうのですが心理学や経済学、IT、福祉系の通信大学はあるのだけど「英語科目のある通信大学」ってなると極端に減ります。

もしくは、英語科目があって大部分が他の科目を勉強することがメインで英語科目はほんのわずかだけってことが多いです。

その点、うちの大学はほとんどの科目が英語一択です。

これまで1年以上この大学に席に置いているけど、ものすごい量の英文読解させられたり、ものすごい量の英文法や分詞構文などなど、「THE英語の勉強」ってことをもりもり勉強できるからです。

主に私がここ1年で勉強した内容は、もちろんのこと英文法(文型やり直し)や、接続詞、関係代名詞、IT構文、分詞構文、形容詞、副詞、倒置、強調文に加えて、日本語と英語の相違点の小論文提出などあって、英語漬けの毎日にさせられます。

またレポートの枚数もものすごく多いです。だいたい1科目で10ページの提出です。手書きの小論文なんかだと2000字~4000字です。

前の短大との比較を例にするとだいたい1科目で5ページの提出でした。手書きの小論文はなくレポートの手書きだとして300字でした。

レポート1つを仕上げる日数も、読めない英文を読解するため、調べることがから始まるので倍以上の時間がかかります。

でも、英語は勉強出来ます。ただし、英会話の勉強は出来ないので勘違いしないほうが良いです。

そうそう、インスタグラムで勉強垢を書いているのでよかったら、そちらをご覧ください。

ブラック通信制大学英文科の厳しいところ

他の英文科のある通信制大学のことはわかりませんが、今いる私の大学ベースで話をすると高校をなんとなく卒業した英語レベルだと、大変です。

結論から申しあげますと、今私、毎月のレポート締め切りに間に合っていません。

理由は、高校もまともにいけてなかった私は大学に入ってから英文法を初めて勉強するようなものなので、ぜんぜん間に合っていません。

高校って授業があって先生が教えてくれるじゃないですか?

通信制大学は、その環境がないまま一人で学習方法を考えていかないといけないので、永遠と毎日こなす状態になります。

今日は英文法やって、長文読解して、フランス語やって、英語の論文を日本語で書いて、と思ったらmすぐにアメリカの歴史、イギリスの歴史を勉強しはじめたりして、あっちこっちの勉強をするので頭がパンクします。

しかも、レベルは大学受験並みの英語レベルです。

家庭教師3人も解けないほどの難問が出題される

うちの大学がブラックな所ともいえる箇所は、レポートの出題が意味不明で単位を取れないこと。

研究者なら簡単だと思われる問題が出題されます。一般人にはかなりの難問です。

というのも何回も不合格でレポートが返ってくるので、ある時に家庭教師3人に、レポートの相談をしたことがあるのだけど、口をそろえて言われたのが「難しいレポートですね」でした。

また、ほかの15年英語一択で指導している先生からは「これは研究レベルなの1回の25分内で教えられない」と断られたりしました。

それを高校もまともに行っていない私ごときの人間が問題を解くことが出来るわけがない。

レポートは教授たちの単なる娯楽と学生を見放す事務局

今の大学に入学して気が付いたこの大学の問題点。

英語の外国語を卒業した家庭教師たちが解けないほどの難題にもかかわらず、大学側がその問題について改善せず、すべて学生の努力不足で片付けられることが問題(ブラックすぎる)だってこと。

その結果として英文科に入学を希望する人は毎年入ってきますが、卒業者がわずか2%となっています。

大学がつぶれない理由についても、勝手に推測すると他の学部の入学者が多いことと、他の学部の卒業率はそれなりあるから、大学側が英文科を見直すメリットがなく、英文科だけ10年前となにも変わっていないってこと。本当に闇です。

卒業したら大学名をいうので、しばらくお待ちください。

本日も、最後まで読んでくれてありがとうございます。

この記事を書いた人
ビザうさ

機能不全家族育ちとASDでメンタル面で足を引っ張られることが多い中、なんとか大人になってから通信制短期大学入学&卒業をして現、英語系の通信制大学に在籍しています。

英語レベルはbe動詞すら分からなかったけど、英検5級から準2級までいっきに合格し、スピーキングも独学である程度いったけど、ある時期から全く伸びない。むしろ大学の難しい英語をすればするほど簡単な英語も話せなくなってくる不思議空間を体感中。

保有資格📚 秘書検定2級、英検準2級、簿記検定3級、MOS(Excel,Word,PPT)すべて一発95点オーバーで合格。

卒業後は、もう一度海外で暮らす。

ビザうさをフォローする
Study English通信制大学
スポンサーリンク
ビザうさをフォローする
大人の発達障害持ちが通信制大学(英文科)と英会話に挑戦中!