英語翻訳アプリ「Grammarly(グラマリー)」怪しいと思ったけど、今じゃ手放せない

Study English

YouTubeを見てると頻繁に出てくるGrammarlyの広告、正直「新手のビジネスモデルか」怪しそう。インストールなんてしてやるもんか!

なんて思っていたのだけど通信制英文科に入学してから、レポートを作成するときに便利を通り越して、必須すぎてとっても助かってるという話。

[ad01]
スポンサーリンク

英語翻訳アプリ「Grammarly(グラマリー)」怪しいと思ったけど、今じゃ手放せない

結論から申し上げますとGrammarlyは、まじで使えます。


Grammarlyとは、

AIシステムによって自分が書いている英文のミスを自動的に修正や提案をしてくれる無料の添削ツールです。スペルミスはもちろんのこと、冠詞の抜け漏れなども親切に画面上で教えてくれます。

実際に私が大学のレポートで利用している様子

英文のミスを探して直すなんて問題の時に、グーグル翻訳でもWordでもExcelでもいいのですが自身で使っているツールに英文を打ち込むだけでミスを教えてもらえます。

私はグーグル翻訳を使っているので、グーグル翻訳の画面で紹介するとこんな感じで教えてくれます。

この文のミス箇所はmakeじゃなくてmadeですよ!

なんて具合に知らせくれるので、レポート作成の時に本当に役に立っています。

もちろん、全部が正しいこともない時もあるのですが、自分で探すよりも確実に便利なツールです。

スポンサーリンク

有料版にすると、もっと細かく勉強ができる

有料と無料があり、有料で申し込みをすると長文も自動でAIが候補文を掲示してくれます。

私は無料版を使っていますが、それでもある程度は十分に事が足りてます。インストールして良かったです。

有料版の料金

有料版だと、月に日本円で1,381円 前後。ドルだとプレミアム会員が12ドル、ビジネス会員だと12.5ドルです。

本日も、最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

この記事を書いた人
ビザうさ

機能不全家族育ちとASDでメンタル面で足を引っ張られることが多い中、なんとか大人になってから通信制短期大学入学&卒業をして現、英語系の通信制大学に在籍しています。

英語レベルはbe動詞すら分からなかったけど、英検5級から準2級までいっきに合格し、スピーキングも独学である程度いったけど、ある時期から全く伸びない。むしろ大学の難しい英語をすればするほど簡単な英語も話せなくなってくる不思議空間を体感中。

保有資格📚 秘書検定2級、英検準2級、簿記検定3級、MOS(Excel,Word,PPT)すべて一発95点オーバーで合格。

卒業後は、もう一度海外で暮らす。

ビザうさをフォローする
Study English通信制大学
スポンサーリンク
ビザうさをフォローする
大人の発達障害持ちが通信制大学(英文科)と英会話に挑戦中!