発達障害だと告白をしてみて分かった、周りの反応

メンタルヘルス

こんにちは、ASD当事者のビザうさ🐰🎀です。

2か月前に発達障害だとりったので、周りに告白してみたらどうなるのだろうと検証してみた結果を伝えていきます!

[ad01]
スポンサーリンク

発達障害だと告白をしてみて分かった、周りの反応

結論から申し上げますと、ごく近い層にいる人以外の人間に「私、発達障害なんです」と告白しても(そうなんだ)と思われても、結局のところほとんど理解されません。

今日は私が「発達障害です」と医者に診断されてから、即始めたことは「発達障害」であることを人に話してみよう!という半場実験がてら、診断された翌月から始めてみたのです。すると、いろんな人間模様が見えたので記事にしてみました。

告白した人達を3グループに分け、出た結果

3つのグループは?と言うと①私との距離が近いなんでも話せるグループ、②会社や学校でのグループ、③会ったことはないSNSつながりのグループです。

人数的には統計で取るには足りないので断定できませんが、私のケースだと以下の結果でした↓

①私と距離が近くてなんでも話せるグループの返事
即、受け入れてくれました。「ビザうさちゃんはビザうさちゃんなので、変わらないよ」と言う嬉しい言葉ももらえました(もう、一生あなたたちを大切にする!と思った)。しかし、理解はされているのか?というと理解はされていないです。ただ、受け入れてくれてる感はあります。否定もしないし、告白しても前と同様に普通に過ごしてくれるといった結果でした。

その次に③のあったことないけどSNS繋がりのグループ
同じような疾患や障害を持っているので会ったことなくても、悪く言ってくる人は一人もいませんでした。むしろ「発達障害」を告白してから一桁だったインスタフォロワーが二桁になり、同じ「辛い経験を持っている」方たちから共感のいいね!や時にアドバイスや応援コメントで貰えることもあり、心が癒される結果になりました。一人じゃない!って心を強くさせてくれる感覚も持てました。SNS やってない人は,始めてみるといいかもしれないです。たとえリアル友じゃなくとも「幸せ」を感じられます。

最後に②の会社、学校のグループ
私の中でワースト(1番悪い結果)を生み出しました。つまり、お互いに顔は知ってるけど、相手も私の事を深く知らないし、私も相手の事を知らない関係の人達です。
↓  ↓  ↓

どんなことがあったかと言うと、
・距離を置かれる
・知能が低いと勘違いされて、見下される
この2択の結果になりました。

しかし、こういった事をする人達がいるのは仕方のないことだと思います。だって仲良くないのだから。しかし疾患を理由に距離を置いたり、人を見下す行為は許せないですね。知能が低いと勘違いしてる人もいて、いきなり自分のほうが上なんだと勝手に勘違いしてくる人もいて、アホなんだなこの人と思った。

もっと言うと、「ちっせえな!このカスが」と思いました。

そんなわけで、トータル的に実験結果で出た自分なりの答えは、ブログでは発達障害のことを書くけど、あまり世間様には言わないほうが身の為かもなって思ってる所です。また変わるかもだけど。

もし、カスにあったら

基本的に発達障害、HSP,精神疾患持ちさんは私も含めて、傷つきやすいです。

しかし、怒りも持っています。むしろ反すうするのでかなり膨らんでることもあります。

しかし、悲しみの感情も怒りの感情も、疾患を悪化させてしまう原因になって「損」なので、そういった優しさもないカスには、ニコニコしながら嫌味を言って、おだててこっちから「距離を置きましょう」

ただの嫌味だけでは、相手から「やっぱりあいつは発達障害だからコミュニケーションが取れないんだ!はっは~ん」と思われてしまうので、ポイントはおだてて信頼させておいて落とすのがベストです。

もちろんASD、ADHD,HSP、精神疾患を持っている私たちには高度な技術ですが、練習すれば出来ます。

で、何してるかというと、すでに嫌味の練習をしています。そしてすでに1件成功しました。今、2件目の準備中です。

前にも話しましたが、いやことをされて何もしないのは相手を付けあがらせるだけなので、やられたらやり返しましょう。

注意すること
勘違いしないで欲しいのは自分の感情だけで「痛い思いをさせられた。あいつが全部悪い」はもしかしたら、あなたの「自己愛のねじれ」が発生しているかも?なので、一方的になっていないか、反対に意地悪してないか?攻撃していい相手なのか?を見極めてくださいね。

あくまでやり返していい相手は、こっちが丁寧な態度や優しい態度を繰り返したのに、やっぱり見下してくるタチの悪い人限定が良いと思います。(※あくまで私の感覚です)

スポンサーリンク

自分ファーストで生きる方法

精神疾患を抱えてしまう人達の多くは、優しい心の人が多いと精神科に通って早3年の私は思っています。優しいがゆえに人に合わせて、気を使ってストレスを溜めて精神病になっている人が多いと感じます。

私は思う。精神疾患を抱えている人は、家庭環境が健全じゃないことが多いって。つまりWパンチを小さい時からされてるようなものです。で恨みを持つ人はねじ曲がってしまい、それに気が付いていない人も多く、反対に自己否定(自分が悪いんだ)としてしまう優しい人もかなりきつい生活になる。

なにゆえ、私もその1人です。

優しい私たちがすべきこと
「自分ファーストで生きること」

あれこれ考えた結果、私はこれが一番自分を愛せる方法だと思いました。

これまでの私を振り返ると言いたいことがあっても「怒ることは悪」や親に「いつでも自分が悪いと思いなさい」と言われるだけでその他を教えてもらえなかったので自己否定ばかりしてました。

その部分だけいうと、私の人生は楽しくなったように思う。

これからは”自分ファースト”で生きようと決めた。

とはいっても、わがまま放題するのとは訳が違います。


中には”自分ファースト”の意味を自分の思いを貫き通して、相手に分からせること。と勘違いしてしまう人もいますが、それだけだと自己愛の塊者になってしまい良くないです。

ここで言いたいのは理不尽な事をされた場合は、言い返すという事

方法は、「YES,BUT法が正解」

YES、BUT法は、相手の言っていることを「そうね」と承諾して「でもね、私なら・・・」と相手の意見も取り入れてから、自分の意見も言う方法です。

私の相手はYES、私の心はBUTだったケースを言うとこんなことがありました。
自分を抑えて相手ファーストでずっと生きてきました。そして前向きな性格もあってか、その子のやりたいことに付き合っても「こっちの遊びも楽しいかも?」と発想の転換を瞬時にできてしまうので、それなりに楽しめていました。だけど本当の心はそうしたわけではありませんでした。つまりずっと相手だけ「楽しい」、私はずっと「本当に楽しいわけではない」状態だったんです。あの場面で「YESBUT」ができていたら、我慢する時間ももっと短くてすんだのだろうなぁって思ってるところです。

それに気が付いてから、自分を本当の意味で大切にし始められてる気がします。

今日も、最後まで読んでくれてありがとうございました。

この記事を書いた人
ビザうさ(インビザうさ美)

書くことが好きでブロガーになった英語学習に励む40代。たまにライター🎀。現在、英語通信大学3年生。英検準2級取得。短大も通信で卒業✨インビザライン女子でもある。好きなことは水泳、ウォーキング、写真撮影、アフターヌーンティーで贅沢するです。ご質問やお仕事依頼はページ下の問合せから。

ビザうさ(インビザうさ美)をフォローする
メンタルヘルス
スポンサーリンク
ビザうさ(インビザうさ美)をフォローする
ビザうさ🐰ライフ