失敗しないインビザライン矯正歯科の選び方!

インビザライン

インビザライン治療をするぞ!と決心してから最初に悩むことは『歯医者さん選び』ですね。インビザライン治療は2-3年と治療期間も長いため、失敗しないためにもきちんと選びたいところ。

このページではインビザライン治療を始めるまでに3年半もかかった私が、知ってる知識をすべて伝えたいと思います

その前に簡単な自己紹介をさせてください。

名前:ビザうさ(インビザうさ美)

年齢:レベル40(インビザうさ美ブログでは40代を指します)

仕事:座りっぱなしの内勤と通信制大学2生とインビザラインブロガー

住まい:東京

[ad01]
スポンサーリンク

失敗しないインビザライン矯正歯科の選び方!(カウンセリング)

インビザライン矯正しよう!と思ってから、歩けばそこら中に歯医者があって、正直、どこの歯科医を選んでいいか分からないですよね。私もそうでした。でも誰が教えてくれるわけでもないので、自分の足で歩いて回り、かれこれカウンセリングに11軒行きました。そこで学んだ”良かった点””悪かった点”をまとめました。

都内で11軒のカウンセリングに行った私が、良かったと感じる歯医者12選

都内で11軒のカウンセリングに行った私が、良かったと感じる歯医者12選

  1. 話を聞いてくれる先生であること
  2. 不安なことがあったら、すぐに診察してくれること
  3. 料金を先に全額掲示してくれること
  4. 話しやすい(相談しやすい)環境であること
  5. 院内がきれいで雰囲気が良いこと
  6. 歯科衛生士さんが親切であること
  7. 受付の人が親身であること
  8. インビザライン治療において先生の経験が豊富であること
  9. 先生がインビザライン治療の専門医であること
  10. 家から通いやすいこと
  11. 従業員同士がぎくしゃくしてないこと
  12. 通うのが嫌じゃないこと

治療といえども『困った時に頼れる』『相性選び』が大切です。横柄な態度を感じたり、優しくない先生や歯科衛生士がいるところはやめた方がいいです。なぜなら心配事を相談に乗ってくれないクリニックに100万円の治療費を出して、嫌な気持ちで2.3年通うって結構な地獄ですから。

私の通うクリニックではほとんど嫌な事は感じませんが、それでも長く通っていると「( ,,`・ω・´)ンンン?いまの何?」って思うときがあります。でも気に入ってずっと通っていられる点は、『不安な事』が発生した時にどんな小さなことでも毎回、すぐに『診察』してくれるところです。安心できるって最高の関係だと思います。

それから、説明が下手な先生ってちょっとまずいです。技術をもっていても話す力や聞く力がない先生は、あとあと揉める原因になることもあります。『言った』『言ってない』等のトラブルを防ぐためにも質問しやすい環境を整えてくれてるクリニックを選びましょう。

都内で11軒のカウンセリングに行った私が、悪かったと感じる歯医者10選

私が『通いたくないなぁ』や、『任せたくないなぁ』と感じた10個を選んでみました。小さなことだけど、2-3年これらを『繰り返す』となると不安になる点をまとめました。

  1. 相談したいのに、先生が忙しそうで話しかけれない。
  2. 待たされたあげく先生がやっと席に来ても、早く終わらせようとする。
  3. 衛生士が偉そう。患者の言葉に寄り添わず、自分の仕事を優先にする。
  4. 院内が狭い。席に行くまでに狭くて必死でこれでもかって細くなって移動した。
  5. トイレが遠い。どこまで行かせるの?帰ってこれません。
  6. インビザライン専門医がいない。
  7. インビザラインの資格を持っていても経験が少ない先生。
  8. 全体的に先生も歯科衛生士も患者思いじゃない。
  9. 患者を単に金だと思っている。
  10. フィーリングが何故だか合わない。イラっとする。

相談したいのに相談しにくい雰囲気の歯科医や歯医者は本気でやめておいたほうがいいです。

インビザライン治療を初めて半年の私ですが、インビザラインを始める前、始める直前、始めた直後、開始して数日、1週間、1か月、ものすごく頭の中に疑問が出てきます。

その時に『不安を聞いて解決してくれる先生』や双方をつなぐ最初の『窓口である受付係』、『歯科衛生士』さんがきちんと連携できている雰囲気が良いクリニックをお勧めします。

無料カウンセリングで注意する点と対策法

初回の無料カウンセリングはたいてい1回ぽっきりです。その『1回ぽっきり』で自分に合うかどうかを決めるのは、正直いうと難しいです。

対策としておすすめな方法は、行く前にネットやSNSでとにかく「調べまくる」ことと、そして自分が”質問したいことを具体的に用意して質問する”です。肝心なことは、その質問に対して返答がイマイチだったり、あなたが欲しい答えを貰えないと感じたときは、あなたとその歯医者の『相性が悪い』と判断すると良いです。

私はそんな感じで今の歯医者さんを選びました。その見極めが良かったのか、安心して通えています。

🍎ポイント:悩み事を「一緒に解決してくれる歯医者」さんを選びましょう。

スポンサーリンク

インビザライン矯正専門医・指導医を選びましょう

インビザライン矯正と名前を看板に出していても経験の少ない先生がいます。

選ぶなら、インビザライン矯正専門医や指導医がいるクリニックをお勧めします。理由は歯を削ったり虫歯を治療する技術があっても、インビザライン治療についてはそれほど経験していない先生に治療計画を作らせると、失敗する可能性が高いからです。※最近はそういったクリニックが減ってきた気がしますが・・。

けど、私がどこのクリニックにしようか検討している3年前、「インビザライン矯正、失敗した」と記事にしている人達も一定数いました。

今となっては、私がインビザラインを無事にスタートできたのはその方たちのかげです。だから、今度は、私がどこかの誰かに伝える番だと思ってこの記事を書いてみました(^_^)/ まあ、微力ですが・・・。

その場で契約しないこと

歯医者でその場の雰囲気に流されないことです。(なんとなく良いかも!)というファーストインスピレーションを感じたとしても、一旦持ち帰り、じっくり考えて契約することをお勧めします。

🍎見極めポイント

  • インビザライン専門医/指導医であるか
  • クリニックの人達の雰囲気は良いか
  • 質問に対して的確であるか
  • 自宅や職場から通いやすいか
  • 料金などトータルでいくらかと説明があるか
  • 非抜歯なのか抜歯でやるのか
  • 自分がまかせてもいいかなって思えるか

なんとなく「あの先生は苦手」や「あの歯科衛生士は苦手」だったなって、感じる歯医者は回数を通うほどに、『治療よりも通うことがストレス』となる可能性が高いので気を付けましょう。

では、今日はこの辺で。

🍎ワイヤー矯正とインビザライン矯正、どっちを始めるべき?自分に最適なのは?の記事を書きました。↓リスクなども書き綴ってみました。「体験談」