英文学科通信制大学に3年次編入して、もうすぐ一年の私の感想

通信制大学

産能短期大学を卒業して別の大学(大学名は卒業するまで秘密)に3年次編入して、もうすぐ1年になる私の感想をたまには話してみようと思います。大まかにいうと7割が怒り、3割が為になっていると言う割合の実体験を語ります。

[ad01]
スポンサーリンク

英文学科通信制大学に3年次編入して、もうすぐ一年の私の感想

結論から申し上げますと、いろんな意味でしんどいです。

正直にいうと、大学生でいるのが嫌になってきています。1年前に短大通信を頑張って卒業したのである程度自信がある方でしたが、この大学はブラックすぎてイラつきます。入学する前はいい顔をするけど、入学してからは知らんぷりな大学だった。もうがっかり。

明らかに単位がとりにくく2年で卒業出来る気がしない

前の短大通信(卒業済)が単位がとりやすかった分、今の大学のシステムや組織方針を比べると本気で効率が悪すぎる箇所が目につき、結果として勉強以外に神経を使うことが多く振り回されてます。

決定的な違いは、

◆前いた短大が経営学を学ぶ大学で非効率のムダを無くすことを目的にしていたため、すべてスムーズに進めることが出来た

◆今いる大学は文学部でいちいち細かく、大学そのものの考えにムダが多い。精神的にやる気を奪われることが多くスムーズに進めることが出来ない。

少しだけ違いを説明すると、

レポートが難しすぎる件

➤短大通信時代

  • 独学で学習しやすいカリキュラム内容が整っていた。
  • 頑張れば高く評価してくれる。
  • 再提出になっても、サポート体制が整っていてモチベの維持が出来た。

➤大学通信

  • 独学で学習しやすいカリキュラム内容が整っていない。
  • 質問内容が不親切と言うくらい、何を問われているか分からない。
  • 頑張ってもミスを探し出されて不合格にされる。
  • 再提出の理由が日本語の書き方がなっていないためだとかの理由で答えはあっていても不合格にされる。

科目選び&科目変更の融通が利かない

➤短大通信時代

  • 入学後自分でしばらく学生生活をして慣れてから自分で取りたい科目を選ぶことができた。
  • 受験してみて合わなければ、あとで科目変更ができた。

➤大学通信

  • 入学する前にどんな勉強内容かも分からないまま、A4の紙に科目名だけ書かれた中から62単位になるように選ばないといけなかった。入学後は変更が利かないので苦手科目だとしても受験しなければならない。
  • つまり入学後に「コレ、ちょっとやりたくない科目だなぁ~。他の科目で単位を取りたいな」と思っても変更することができません。

年間で科目修得試験やスクーリング数が少ない

➤短大通信時代

  • 科目試験は最大一回の試験で最大5教科まで受験できた。
  • スクーリングの回数も一定で予定が立てやすかった。

➤大学通信

  • 科目修得試験の申込が1回3教科までしか受験できない。
  • スクーリング方法にばらつき、使う資料もバラバラで予定が立てにくい。

システムがややこしい&レポート提出方がバラバラ

大学のシステムそのものがややこしくてて、あっちを見てこっちを読んでとしなくちゃいけないことが多く、非常に非効率で面倒くさいです。なぜ一律にしないのか不思議でならない。

➤短大通信時代

  • 通信特有の学び方やルールを確認するのに1つの画面で知りたい内容を把握できた。
  • レポート提出方法が一律で切手も15円を超えることがなかった。
  • あて名書きはシールになっていて、封筒にそれを貼るだけ。

➤大学通信

  • 科目によってレポートの出し方が違ったり、コンビニに行ってコピーしてから解答し提出するものだったり、そのまま使えるものがある。
  • Wordで作って提出するものだったりダメだったりする。
  • レポート作成時にはシャーペン記入はNGだけど、試験の解答はシャーペンがOKだったりする。
  • レポート内容が毎回変わるので郵送する際の重さによって切手の金額が変わる。
  • あて名書きも手書きでいちいちそれぞれに住所、氏名、学籍IDなどを1つのレポートをだすだけで何か所も手書きで書くはめになり時間を取られる。

大学で使う学生専用ページが役に立たない

「かなり、致命的です。」

➤短大通信時代

  • マイページ上でどの科目が未提出なのか、または合格して単位取得になっている状態なのか一目瞭然で把握することができ、自分が何を優先して学習するのか把握できた。

➤大学通信

  • 大学で使う学生専用のマイページはほとんど何の役にも立たない仕様で単位すら把握しにくく、自分でExcelで単位取得管理表を作らなければならいほどです。(この作り方知らない学生だったら、ますます単位管理が把握しにくいと思います。)

事務局の人が役に立たない&冷たい

入学当初はどの事務局の人と話しても対応が悪い方たちばかりでしたが、ここ最近は優しい方も増えてきました。でも変わらずに一定数「DON」みたいな人がいて、電話するのが怖いです。れ、絶対的にいい環境ではないです。

講師も一部ですがレポートの添削が「ため口」で書かれていました。通常、大学では学生に敬語を使うべきです。なんで私が下の立場扱いを受けなければならないのだろうか。本当によく分からない大学です。

スクーリングが平日開催で仕事と両立できない

➤短大通信時代

  • スクーリングは主に土日か祝日開催で会社を休む必要がほとんどないまま卒業できた。

➤大学通信

  • 平日の月、火、水に開催されることが多く会社を休まないといけないです。
  • スクーリングで使うはずの資料がまじかになっても届かず、こちらから電話して再送してもらう必要があったりと事務的ミスがあり、ありえない大学です。

スポンサーリンク

英文学科の通信大に入って良かったこと

冒頭でもお話しましたように7割が怒り、3割が入学して良かったことなのでここからはサクっと話していきます。

それは、

  1. スクーリングやレポートでかなりの量の英文を読まされるのでリーディングに慣れてくること
  2. 英文法も勉強していくので、英文法の仕組みが分かるようになる
  3. 高校までとは違った専門的な英語学を学ぶことが出来、言葉そのものの仕組みを学ぶこと楽しい

この3つです。

机に向かって勉強をすることが苦手な私にはかなりのストレスですが英文法って仕組みが分かると楽しいんですよ。そして大学の文学部なだけあって「単なる英文法」だけではなく、もっと深く語源や言葉の理論についても学びます。

ただ、通信なだけに完全なる「独学」ですけどね。

私は英語が話せるようになりたい

英文科目のある大学に入れば英語の勉強も出来て、英語も話せるようになるんでしょ?と思う人がいますが、答えはNOです。通信の場合は英文学だけを学ぶので「話すための訓練や勉強」がありません。

そのため、”英語を話す時間”を作らないといけません。私はいろいろオンライン英会話スクールを経て現在はアクエス英会話を利用しはじめました✨(なかなか面白いですよ)

アクエス英会話と言えば、あのメンタリストDaigoさんも利用していることで有名ですね。私も内容を知って、効率よく受講しているところです。

脳科学的理論の元に作られたカリキュラムが特徴的で、復習も予習もなくてもレッスンが受けられます。私も僕もアクエス英会話をやってみたいと思った方は、まずは体験からお試しください。

これから

10月で4年生になります。心の片隅で疲れ果てたので退学しようかなぁ?なんて気持ちも少し持ち始めてるけど、このまま大学の不親切さを理解しながら期待せずに進学予定です。

本日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

ビザうさ📚

#ブラック大学 #アクエス英会話

この記事を書いた人
ビザうさ(インビザうさ美)

機能不全家族で学校に行けてなかったので、今英文学科通信制大学生をしています。その他にオンライン英会話アクエスを利用しています。短大も通信(産能短大)で卒業。保有資格 秘書検定2級、簿記検定3級、英検準2級、MOS(Excel,Word,PPT)

体的にアレルギー、腹痛、ASD、精神疾患、めまい、不整脈などで日常生活で足を引っ張られることが多い体質。卒業後はニュージランドかカナダに行きたい。

ビザうさ(インビザうさ美)をフォローする
通信制大学
スポンサーリンク
ビザうさ(インビザうさ美)をフォローする
なりたい自分になるブログ✨