うつ病、発達障害、その他の精神疾患者のための就労支援サービスってどんなところ?

メンタルヘルス

うつ病、発達障害、その他の精神疾患者の方々が休職後にまた「働きたい」の気持ちを応援してくれる就労支援サービスがあることを皆さまは知っているでしょうか?

しかも、障害手帳を持っていない人も通所できて、就職、再就職に向けてスキルを付けていけることが出来るカリキュラムになっています。

今日は、このサービスについて話してみようと思います。

その前に簡単に私の自己紹介をさせてください🐰

名前: ビザうさ(インビザうさ美)
年齢: 40代
仕事: 通信制大学文学部(英語)の3年生&ブロガー
疾患: 症状が複数あるので説明しにくいですが精神障害手帳等級3 現在も通院中
趣味: 可愛い物集め、水泳、カフェ巡り、映画鑑賞

[ad01]
スポンサーリンク

うつ病、発達障害、その他の精神疾患者のための就労支援サービスってどんなところ?

論: うつ病、発達障害、その他の精神疾患者のために健康管理から職場でのコミュニケーション方法、または個人がやってみたいスキルを付けさせてくれる、ありがた~い所です。

🌸こんな悩みを持った人に最適です

  • 就職してもなかなか仕事が続かない
  • コミュニケーションが苦手で対人トラブルを抱えやすい
  • 休職していたので就職できるか不安
  • うつ病、発達障害、統合失調症、その他の精神疾患、知的障害、身体障害を持っている人
  • 就職に対して不安がある人

などなど、社会生活にハンデがあるような方に向けて週に何日が通所し、社会人としての精神やコミュニケーション、ビジネスマナー、簡単な作業(各種プログラム)など、働くために必要なスキルを学ぶことができ、就職までを支援してくれます。

プログラム内容は500種類以上あり、多種多様です。またストレス耐久を身に着けるトレーニングもしていただけます。通所を通して自分の課題や強みを見つけながら、就職に向かう事ができます。

コミュニケーショントレーニングではSST(社会生活技能訓練)方法を取り入れ「聞く」「伝える」「話しかける」等の訓練もあります。

インビザうさ美さん
インビザうさ美さん

🍓これだけ聞いてると、マイナス点が見られないですね。
私も大学が少し落ち着いたら、就職に向けて通ってみたいです。

🌸時間について
支援団体によって多少の時間枠が違いました。
大まかにわけで10時~2時までと10時~5時までです。

🌸お昼代、交通費が一部支給
なんと、お昼代、交通費が一部支給されるらしいのです!
支援のお手伝いもしてもらえて、お昼も交通費も出るなんて行ってみたくなりますよね。

🌸気になる費用について
前年の所得によるようですが、9割の方が自己負担なしで入所できているそうです。

隣のウサギさん
隣のウサギさん

🍈同じ悩みを持った人同士なのも安心だよね。
もしかしたら友達もできるんじゃない?

インビザうさ美さん
インビザうさ美さん

🍓それいいね。すごく気が合いそう。

スポンサーリンク

就職後も長く働けるよう、サポートがあります

トレーニングを受けたあと、就職出来た後もその職場で長く働けるようにサポートが付きます。

上司
グレー

🍇これは障害を持つ人にとっては、
何度も挫折してきてることなので
頼りになりますね。

それぞれの就労支援会社によって、多少中身の内容が異なるため自分に合いそうだな!ってところを探してくださいね。下の3つはどれも見学が無料なので全部見学してから決めるのもよさそうです。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村