精神科の薬は太るから注意 ~ダイエット方法~

大人の発達障害

精神科で処方される薬って太りやすいものもあるんですよ。私は精神科通いもすでに3年で薬もほとんど飲まずに過ごせるようになっているのだけど、どうしてもたまに鬱になってしまうときがあります。

そんな時は、薬を一時的に再開してメンタルを保っています。ただ、精神科の薬って「太る」んですよね。気が付いてないない人もいるようなので、ここは伝えておかなければと思って書くことにしました。

[ad01]
スポンサーリンク

精神科の薬は太るから注意 ~ダイエット方法~

一食置き換えダイエットでしてることは、炭水化物抜きダイエットです。気休めかもしれませんが主にお昼にご飯、麺、パンを食べないようにしています。効果は、体重をキープできているので少しは効果があるように思います。

食べてるものは、サラダランチを食べてます。

お料理はするけど、一人なので盛り付けとか適当ですが実際の食べてるものを載せます。

お腹が空いてるときは、ミニ豆腐を丸ごと食べると意外とお腹がふくれるのでおすすめです。

また精神科の薬を飲んでいる時は、便秘にもなりやすいのでごぼうなんかも食べてます。

あとは、↓ お肉も食べるし、カニ蒲鉾もよく食べてます。

かぼちゃもお腹を満たしてくれるしビタミンが豊富でおすすめです。↓

サラダチキンも食べ応えがあって、おすすめです。↓

バナナを食べてることもあります。しかしバナナって保存短くてすぐにブツブツになる。どうにかならないのだろうか?冷凍したらどうなるんだろ・・・?

と言う感じのサラダを繰り返し食べてます。

スポンサーリンク

精神科の薬が太ると言われる理由

なんで太るかを調べたところ、非定型杭精神病薬は脳の神経伝達物質であるセロトニン受容体を遮断するため、脂肪組織が増えてしまったり、食欲が増加してしまうと言われていました。

簡単にいうとセロトニン受容体は人のホルモン物質の行動や血小板の活性化を調整しているのですが、薬によって止めてしまうので体重が増えてしまうのです。

ここでいうホルモンの説明を簡単に言うと、人の体の代謝の促進行動を薬で止めてしまっているという事です。その影響で血糖値上昇、コレストロール上昇と言う状態になり太る仕組みのようです。

(説明がわかりにくくてすみません)

私はクエチアピン錠を服用しています

ちなみに私が現在飲んでいるお薬は、クエチアピン25㎎です。別名、セロクエルです。

即効性があるタイプの薬なので一時的に飲むのにちょうど良いです。眠剤としても使えるので良く眠れます。主に統合失調症の妄想を抑えたり、鬱にも効くのでいろいろと便利で個人的に好きな薬です。

ただ、継続して飲むと血糖値があがり糖尿になってしまう可能性があるので長期服用はしない方が良いです。

私は薬アレルギーがあり、ただの頭痛薬や花粉症の薬も薬局の薬剤師から止められる体質ですがクエチアピン錠は反応が起きてないです。ただ、同じ種類グループのエビリファイは強い副作用が出て即中止になりました。

本日も最後まで読んでくれありがとうございます。

ビザうさ🎀

この記事を書いた人
ビザうさ

機能不全家族育ちとASDでメンタル面で足を引っ張られることが多い中、なんとか大人になってから通信制短期大学入学&卒業をして現、英語系の通信制大学に在籍しています。

英語レベルはbe動詞すら分からなかったけど、英検5級から準2級までいっきに合格し、スピーキングも独学である程度いったけど、ある時期から全く伸びない。むしろ大学の難しい英語をすればするほど簡単な英語も話せなくなってくる不思議空間を体感中。

保有資格📚 秘書検定2級、英検準2級、簿記検定3級、MOS(Excel,Word,PPT)すべて一発95点オーバーで合格。

卒業後は、もう一度海外で暮らす。

ビザうさをフォローする
大人の発達障害
スポンサーリンク
ビザうさをフォローする
ASD持ちが通信制大学(英文科)と英会話に挑戦中!